☆April/23/2007☆Monday

ごま 信じていた飼い主に捨てられた猫。 みー子

最近、自分のまわりでも
友人のまわりでも
どこか知らない遠くの場所でも
捨て犬・捨て猫が命を落とす
という事件がよくあった。


そんなとき、お友達の
ナマステさんにこんな
読売新聞の記事
教えてもらって読んでみた。


以下リンク先よりコピー。
(携帯からのアクセスで見れない人も
いるので同じ内容を貼り付けること
お許しください)


ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

満月飼い主の都合 猫ほんろう


午前9時、千葉県松戸保健所裏手の駐車場。
荷台に鉄のオリを積んだトラックが止まると、
夫婦と高校生くらいの娘が2匹の猫を抱えて現れた
飼育放棄された犬や猫を毎週、回収する車だった。


保健所の職員に促され、は胸に抱いていた
メス猫をそっとオリに入れた。
猫は飼い主を見上げ、
きょとんとしている。娘は無言で涙をふいた。

 
もう1匹のオス猫は、
オリに移そうと父親が
抱きかかえた途端、
うなり声をあげて指にかみついた。


跳ねるように飛び降り、雑踏の中へ。
父親は「再婚した妻が猫アレルギーで、
新しい飼い主を3か月探したが
見つからなかった」と言い残し、
保健所を後にした。


回収された動物たちは、
県動物愛護センター(富里市)に運ばれ、
早ければ翌朝にも殺処分になる。
「ペットも自分の運命を悟るのか、
飼い主に全力で向かってくる」。
回収を委託された業者の男性(44)は言う。


全国で年間に殺処分される
犬猫は計33万匹(2004年度、環境省調べ)。

このうち猫の殺処分数(23万匹)は
20年間、横ばいのままだ。
千葉、東京、愛知など大都市部で特に多い。

背景には都会の野良猫の存在がある。
都の推計では、都内だけで11万匹。
野犬の捕獲や室内飼いが進み、
1970年代に50万匹だった殺処分数が
9万匹まで減った犬とは、対照的だ。


東京大学の林良博教授(獣医学)によると、
ペットの殺処分は自己責任が原則の国が多い。

欧米では、飼い主の胸に抱かれた犬や猫に獣医師が注射を打つ

日本では73年、動物愛護法で飼い主の
責任が強調されたが、行政任せのやり方は、
社会が未成熟な証しではないか」と指摘する。


05年度に計1万6000匹の
犬猫が殺処分された千葉県も、
飼い主の自覚を促す方法を模索している。

保健所が1匹400〜2000円の
引き取り費用を徴収し、
ペットを飼い主自身でオリに入れることを
義務づけるのも、その一環だ。

現在4%程度の譲渡率を底上げしようと、
来年度からは民間愛護団体と連携し、
新たな飼い主の開拓にも力を入れる。


町内会や自治会単位で
野良猫の面倒を見る
「地域猫活動」も注目を集める。

不妊手術を施したり、
捨て猫の飼い主を見つけたりした結果、
猫の数が減った地域も多い。
2万〜3万円の手術費の一部を
補助する自治体も出てきた。



松戸保健所で飼い主親子と
別れた猫を乗せたトラックは、
柏市など三つの保健所を巡回。
さらに5匹の犬猫を回収し、
富里のセンターに着いた。



殺処分が行われるのは翌朝。
作業員がボタンを押すと、
収容室の壁がゆっくりと動き
犬はステンレス製コンテナに追いやられる。


猫用のコンテナは犬よりずっと小さく、
大きめの段ボール箱程度。
多い時は数十匹が、
天井から吹き出す炭酸ガスで命を絶たれる。
なきがらは遠隔操作のゴンドラで焼却炉に運ばれる。




猫の処分施設があるのは
全国の84自治体。
動物愛護団体「地球生物会議」(東京)の
アンケートによると、
その9割は千葉県と同じく炭酸ガスを採用している。


「今は自動化が進み、直接手を
かける必要はほとんどない」
という一連の殺処分の工程。
その実態まで保健所職員が
飼い主に伝えることはない。

春と秋の繁殖期は毎年、
センターへの持ち込みが増える


殺処分される猫の9割は
まだ目も開いていない子猫


春の引っ越しシーズンを迎え、
回収車の仕事はまた忙しくなる。

(2007年3月16日 読売新聞地方部・高倉正樹)


ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)


この記事を読んで本当に怒りを感じました。

私も猫アレルギーです。
うちの子たちがきた頃も
ものすごく発作と蕁麻疹が出て
毎日点滴をしたり、呼吸困難になるほどでした。

だから、猫アレルギーのつらさは
わかります。

居ないほうが楽なのもわかります。


でも、そこにはもう猫がいた。
再婚するほどの相手だったのなら
相手が猫を飼っていたことくらい
わかるでしょう?


再婚するまでのたった3ヶ月しか
里親探しを考えなかったのか?


まさか、出会ってすぐ再婚したのか?
だとしても自分の愛した相手が大事に
していた猫をどうにか次の人へと
普通は思わない?


前に、某SNSで相談している
同じような内容の人がいた。
その方は、再婚をしようとしている
相手がなかなか猫を処分しないことを
怒っていて相談トピをたてたのだ。


私は猫アレルギー。
うちの子たちには半年以上かけて
免疫をつけてきたので今では
よっぽど体調が悪くない限り発作は出ない。
病院の先生もびっくりするほど
免疫がついたのだ。


でも、毛が顔に触ると蕁麻疹が出て
目も開けられないほど腫れひどくなる。
それでも、わたしは我が子を捨てるなんて
考えもしない。


いつか結婚をしてもいいと思う相手が
出来て、その人が猫を処分しろ!なんて
言ったら、あたしはその人と即効別れる。
病気で仕方がないのなら、最善をつくすべき。


たった3ヶ月しか探しもしないで。。
愛護団体に相談はしたのか?
全力でポスターはったり、フリーペーパーに
投稿したり、掲示板に書き込みしたり、
獣医さんに協力してもらったり、
実家に頼んでみるとか本当にしたのか?


保健所に渡さなくても
いくらでも方法があるのにそれを
ためしたのか?
たった3ヶ月で今までずっと
一緒にいた命を殺す選択をしたのか?

あたしがその妻だったら
自分のために命落とす子たちを
見ていられない。よく一緒に
回収車にいったもんだ・・


しかも、娘にオリにいれさせる。
本当にずるい。


何度もいいますが、わたしは
呼吸困難になるほどの発作を
おこすほどの猫アレルギーです。


それでも、自分のために猫を
殺せなんて発作の途中であっても
1秒たりとも思ったことも
感じたこともない。


オリに入れられたメス猫は
おそらく翌日殺処分だっただろう。


命からがら逃げたオス猫は
今頃野良になっていて
過酷な日々を過ごしているだろう。


結婚(この場合再婚)が大事なのもわかる。
人間同士の愛情も大事なのもわかる。

でも

わたしは

どんな命だろうとも自分のために
犠牲にしてまで幸せになろうとは思わない。

なれるはずがない。


この夫婦は猫をみるたび
思い出さないのだろうか。


もう二度と、犬も猫も飼わないでいただきたい。
もちろん他の動物も二度とかかわらないで欲しい。


また何かおきたとき、
簡単に捨てるかもしれないからね。



娘の心に残った傷も心配だ。
かわいそうに。


命を簡単に諦めるな。



もういちど言います。
私は重度の猫アレルギーです。
呼吸困難をおこすことも多々あります。
毎日何時間も点滴して
ときには入院だって必要になります。


だから、猫アレルギーだったし
仕方なかったのよ。。という
夫婦の言い訳は聞きたくありません。


たった3ヶ月の里親探し期間で
諦めていいほど、命は軽いものじゃない。


再婚相手に猫がいたことなんて
であった頃から普通わかるだろう。
自分の都合だとしか思えない。



リブという捨てられた猫がいました。
彼女は人間の手で捨てられ、
ダンボールをガムテープで閉められ
一緒にいた子猫を守るために
一生懸命でした。


でもリブは衰弱して死にました。


人間のワガママで。
人間の勝手で。

我が子を残したまま死にました。


人間の都合でこんな風に
不幸になる動物たちをもう見たくありません。




保健所に引き取られた子、
持ち込まれた子がどうなるか
わかりますか?

運命なんか、変えられる

現実が見れます。



今日のエントリーは
保健所での殺処分に関わる方々を
非難・中傷するのが目的ではありません
彼らも保健所への持込が減ることを
心から望んでいます。


捨てる人がいるから
彼らが汚い部分をしなくちゃいけない。
捨てる飼い主が一番悪いんです。


いろんな人に実態を知ってほしいから
愛護トラバ以外にもトラックバック
させていただきました。




タグ:同じ命







野良猫にも幸せになれる権利がある。応援よろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ


スマホ・携帯はこちらから応援 よろしくお願いします
猫ブログ 元野良猫・元保護猫




我が家で愛用している(していた)サプリや薬の詳しい情報は
カテゴリーのねこサプリカテゴリーにあります


☆☆ご注意ねがいます!☆☆

猫さんの体調・体質によって合う合わない、摂取容量が変わこともあります!
獣医さんに相談したり、使っている事を知らせておくなどしておくことをお勧めします。
記事内などで重要な注意などを書いてある場合もあります。
ごまに合ったからといって100%すべての猫さんに合うとは限りません。ご注意ください。


posted by まるきち at 15:12 | 東京 ☀ | 応援(16) | 絆(0) | みんな、おなじ命。

top_07.gif

☆たたかう猫への応援メッセージ☆

二重投稿などこちらで
削除しておくので気にしないでね♪
また泣いてしまいました。
年取ると涙もろくて困ります(苦笑)

この記事のことを紹介してくれてありがとうございます。
辛い内容ですがこうしてできるだけ多くの人にこの実態を知ってもらうことは大事なことですよね。

本当にやりきれないです。
自分と暮らしていた猫がにこんなことができるなんて。
回収車に託すということがどういうことかわかっていないはずはないだろうに・・

まるなっちたんのようにアレルギーであってもそれに向き合ってうまく共存している人はちゃんといるのに。
誰でもできないはずはないのに。

だからこの人が猫を手放す理由はどこにもなかったはず。
なぜもう少し手を尽くさなかったのか。

とはいえ今さら悔やんでも一度失った命は二度と帰ってきません。

リブちゃんやこの記事の猫や他にも人間の都合で尊い命を奪われた多くの動物達の魂が安らかにあることをただ願うのみです。



今度生まれ変わったら幸せな一生を過ごせるといいね。
いや、きっと過ごせるよ。
だからそれまでゆっくりお休みなさい。
Posted by ナマステ at 17:52☆23/April/2007/
私もこの新聞読みました。
再婚相手が猫アレルギー!?だからどうした?って感じですよね。猫が入れる場所は入れない場所を作って様子を見たり、必死になって里親さんを探すことも出来たはず。
一時預かりさんくらいは見つかったんじゃないのかとか、大金をはたいたって動物病院やペットホテルに長期預かりをしてもらうべきだと思う、借金してでもそうして欲しかったなぁ。
いくら大金を積んでも命は買えない。
でもこういう人って、すぐに小型犬とか飼うんですよね、それで年をとったら「はい、さようなら〜」って感じなんですよ、きっと。
私も、兄もアレルギー持ちです。
兄は喘息もあります。
それでも、拾ってきます、うちが知り合いだったらなんて考えちゃいます。
一時預かりくらいは出来たかもと・・・。
Posted by 茶々丸 at 07:38☆24/April/2007/
なんだかね。。。
ほんとにやるせない。
まるちゃんのように、猫アレルギー(しかも重症)だとわかっていてもちゃんと命を引き受けて、可愛がって面倒見ている人もいるのにね。
リブちゃんの件にしても人間の都合で捨てる奴ら、絶対に許せない。
ほんとにムカつく!ムカつく!ムカつく!!!

ちょうど、実家に帰ってたんだけど、姉がおんなじ様なこと言い出したのね。
子供が猫アレルギーで、グー(雄猫5歳)をどうする?みたいな話。
子供生まれてもう何年も一緒に生活してるのに、『どうする?』って今更何言ってんの?って感じ。。
グーはいつも皆がいる暖かい部屋にも入れてもらえなくて、ブラッシングも全くしてもらえなくて、ほんとに人懐っこいのに、邪魔者みたいでホントに可哀想なんだよ。。。

妊娠中に飼い始めて、子供生まれるっての知ってて引き取ったはずなのに、今じゃ姉の旦那さんも、猫がいると壁が傷つくとか、金が掛かるとか。。もうほんとに聞くに耐えないの。(最近分かったんだけど、彼はもともと猫が好きでなかったらしい。。)

前々からね、なんとなく可愛がられてないのが分かってたから、家が建ったら引き取ろうかって家の旦那と話してて、昨日そんな話を何気なく振ったら、子供が猫アレルギーだから助かるって、あっさり(やっぱり!)。。。
それ横で聞いたうちのママがすごい剣幕で怒っちゃってね。命を何だと思ってるだ〜!!って、家族交えて会議みたいになったのょ。。。
もぉぉぉヾ(`Д´)ゝ!!

そんな話が出ていても当のグーは姉の事慕っててね。その姿が無邪気でグーの気持ちを思うとホント切ない。

猫の命ってそんなに軽いものじゃないのにね。
モノじゃないんだから。
私が初めから引き取ればよかったんだよね。。

ちょうど、グーのこと考えてて帰ってきたらこの話題で、ひと事に思えなくて。。

アレルギーだから何?
ホントに甥っ子が重症だったら、もうすでに入院なりしてるでしょうよ!!
人間の都合でぞんざいに扱われちゃうほど、命って簡単に捨てられちゃうの。。??
グーの可愛さを姉にもう一度分かってほしくて、昨日ブログでも遠まわしに書いたんだけどね。。。

簡単に手放せちゃう人って、結局ポーズとか流行で飼っているんだよね。
自分の中でのブームが終わったらそれで終わり。
それ以上に大切なものがあったら、簡単に手放せる。。。
ぬいぐるみじゃないんだよ!!
猫の人生って長いから安易に手を出さないでほしい。。。

こういう勝手な飼い主ほんとに許せない。

なんだか長文&愚痴っぽくなっちゃってごめんね。

Posted by あこ at 20:47☆24/April/2007/
通ってた小学校の近くに保健所があってね(すごい環境・・・)、犬の悲しげな鳴声がよく聞こえてきた。
こどもだったから事情はよくわかってなかったんだけど、そこに入れられた犬は殺されるんだってことは理解してたよ。

だからその鳴声はずっと記憶してる。

自分にとって都合のいいときだけ動物を飼う人が、動物を追い詰めて、殺す状況を作り出している。
でもそういう人間に限って、悲惨な現実に目をむけないことが多いね。
そういう人にせめてこれだけは言いたい。

「生涯もう二度と飼わないでください、お願いします。」


まるきちちゃんのアレルギー深刻なんだね。
猫ごはんを調べてたら、サワラっていう魚が今が旬で、栄養豊富なんだって。
ぜんそくなどのアレルギーにもいいそうだよ。
あと、バラの香りでティーローズエレメントというのがあるんだけど(紅茶っぽい香り)、それがアレルギー性のかゆみを抑える効果があると確認されたんだって。

何かもっといい情報があるといいんだけど、
アレルギーの知識がなくて、こんなことしか書けなくてごめん。

お大事にね。
Posted by ぷちまる at 00:06☆25/April/2007/
この記事を読んでホントにホントに悲しくなりました。
そして怒りが爆発しそうです。

よくも自分の手で今まで飼っていた家族と同じ猫ちゃんを・・・そんな残酷なことが出きるのか信じられません。
しゃべる事の出来ない小さな命をなんだと思ってるのでしょうか。
ホントに鬼です。悪魔です。
同じ人間とは思いたくありません。

猫ちゃんもワンちゃんも・・・大切な飼い主さんがみんな大好きで、そんな風にされるなんてこれっぽっちも思っていないのに・・・。

頭にくる!
ありえない。

どうか不幸な子たちが減ってくれますように!!!
自分でできる範囲のことはやってみようとこの記事をみて思いました。
Posted by るびー at 16:05☆25/April/2007/
はじめまして♪
再婚相手のいいなりとは全く情けない。
そんなことで猫達を捨ててしまうなんて、人としてありえません。
怒りを通り越して呆れてしまいました。
因果応報、そのうち再婚相手からも捨てられちゃうかも知れないですね。
Posted by がん at 21:57☆26/April/2007/
心が痛みます

と同時に憤りを感じます

人は勝手ですね。
人を愛するということは別に悪いことではなく、逆にいいことだと思う。
でもその愛ってものをちゃん家族にも向けることが必要だと思います。

再婚相手と家族を比べる・・・そんな命をはかりにかけてこっちのほうが大切だとか・・・
やっぱり命の重さは同じです。
小さい体、大きい体。
姿かたちは違うかもしれない
でも生きてることには何のかわりもない
犬や猫など人と比べたら寿命が短い・・・
だったら寿命の長い人間たちが
いろんな活動ができる人間たちが
もっと考えて支えていかなきゃならないんじゃないかなと思います。

人間は自分が思ってるよりとても弱い生き物だと思う。何の上に立って生きてるかっていったらいろんな命の上に立って生きてる。生きるうえで必要になってくる、食べるということ。生きるうえで仕方なく殺生を行うこともある、せめてそれだけにしてほしい。生きるうえで特に必要ない命なんかほんとに殺生するなんてやめてほしい。

そんなことするくらいなら軽く命を預からないでほしい。


Posted by kei at 14:17☆27/April/2007/
わたしたち猫好き(もちろん犬でも)からすると、ほんとうに信じられない行動をする人がいますね。

いままでに、子猫を何度も保護して、フリーペーパーや、動物病院、スーパー等の掲示板で新しい飼い主を捜し、引き取ってもらっているんだけど、
簡単に「もらう」と言って連れて行った人ほど簡単に「飼えなくなった」と言ってくるんです。

その理由が「○○(外国)へ勉強に行くから猫を連れていけない」「○○(外国)へ仕事で行くから猫を連れていけない」「子供ができて猫をかわいがってやれないから猫がかわいそう」…。

ざけんなよ!!!
こちらとしては、一生、大切にしてくれるものと思って託したわけで…怒りを抑えて、なんとか、猫を手放さないでほしいと説得していたら、一度、相手に「そんな、わたしのことを人非人みたいに言わないでヨ!」と逆切れされたことがあります。

だから、最近はこちらも慎重になって、まるで適齢期の娘を持った父親のように、お見合い写真はいっぱいばらまいて、お見合いを何回もするにはするんだけど、なかなか手放せず、ここんとこ2回(=2匹の子猫)は、そのまま、うちの猫の一員になって、幸せに(たぶん)暮らしています。

猫が増えるたびに、人間の生活水準が落ちていき、うちは、とことん猫貧乏ですが、わたしも猫に囲まれて幸せです(ただの猫バカ?)

それから、わたしもアレルギーがあるので、毎日の掃除は欠かせません。コロコロクリーナーがうちには4つもあります。 

また年に二度ほど、日本へ一時帰国するのですが、こちらに戻ってきて部屋に入った瞬間から数日は、もう、涙と鼻水でティッシュが手放せません。

それでも、猫は手放せません。よね。




Posted by バンコク在住 at 04:39☆28/April/2007/
まるちゃん。お久しぶりん。
みんな元気そうで何より〜♪

そうねー、あたしもネコアレルギー持ちだから・・・
いや、そうでなくても、悲しいね。

こんな出来事、世の中には普通にありふれて存在してるのかも知れないけど
あたしには理解できないし有り得ない世界だわ。
人間が一番おそろしい・・・ってよく思う。

あたしも、おそろしくない男性と結婚したいと思っているので
その結果、シングルマザーになっちゃった。
(へんなとこでカミングアウトしてる^^;)
そして後悔は全然していない。
むしろ、やっぱり良かったと思うよ。

命を粗末にする人には、ネコでも犬でも人間の赤ちゃんでも触れて欲しくない。

命よりも大切なものが在るとしたら、それは『命を想う心』だとあたしは思う。

人間がもっと自然に対して畏怖の心を取り戻して謙虚になれたらいいのにね。。。
Posted by 温故知新 at 19:15☆29/April/2007/
 読売の記事、コメント、皆さんのコメント、まったく同感です。
 私は、県動物保護センターにあるガス室のボタンに(押さないけど)触れたことがあります。

 目の前がガラス張りで、犬の死にゆく状態が確認できるようになっています。
 そのときは、「作業」のない日の見学でしたが、ステンレスドアの1枚となりには、明日の命の犬たちが鳴いています。
 一生忘れない記憶です。

 これを押さなくてはいけない職員がいること。
 操作室の右には、観音様の木彫りが…。

 保健所に犬猫を持ち込むすべての人に、この処分を見ることを義務づけたい。事前に。
 そして、自分の行為をもう一度考えさせたい。
 「殺す」という、もっとも厳しい現場から逃げることは許しません。

 行政は、ペットショップ、ブリーダー、できれば高校生にも、現実を隠さず見せ流べきだと思っています。
Posted by kitcat at 12:04☆05/May/2007/
★ナマステちゃん

私も何度この記事読んでも
涙が出てしまいます。この猫さんたちの
このときの気持ちを考えると本当に胸が痛い・・

でも、教えてくれてありがとう。こういう
事があるだと現実を知って、それを少しでも変えようと思えるためにも知ることは大事だと思ってます。


アレルギーがつらいのはわかるから、無理してまで一緒に住めとは言わないけど、無理なら無理で命を奪うのではなく、きちんと猫さんが幸せになれる方法を見つけて欲しかったと思います。。

>なぜもう少し手を尽くさなかったのか。

本当にそう思う。旦那さんやほかの友人など、もっと考えるように言ってくれる、怒ってくれる友人もいなかったのかしら・・
ほんと悲しい。


★茶々丸ちゃん

茶々丸ちゃんもこの記事読んだんだ!
ショックだよね・・

本当に再婚なんて昨日今日で決まるものじゃないのに。。もっと時間をかけて探して欲しかった。自分の都合で猫には罪がないのに保健所に渡すだなんて・・

そんなんで新婚生活あたしなら幸せになれないよ。自分の愛する旦那家族がずっと暮らしてきた猫たちを自分のアレルギーが原因で処分したなんて・・・あたしなら
その後、笑って暮らしていけない。

>でもこういう人って、すぐに小型犬とか飼うんですよね、それで年をとったら「はい、さようなら〜」って感じなんですよ、きっと。

私もね、前にある掲示板で猫アレルギーで猫処分した人の書き込みみたことあるの。
でもね、その人、犬は平気だとか言って
その後、チワワとダックスを買ってきたの。。もうね非難の嵐だったけど、彼女は
全然自分のしたことなんとも思ってなくて・・・猫は保健所に連れ込んだのに・・


ほんとこういうことを聞くと、この人たちが私の知り合いだったらとか、家の近くだったらとか思うよ。そしたら一時預かりしてあげられたのに・・・猫さん、ほんとごめんね。。それしかいえない。。

Posted by まるきち:お返事 at 04:09☆07/May/2007/
★あこちゃん

本当に最近こういうことをよくネットやテレビや新聞で見かけて心痛くなる。
人間って本当に勝手だよね。。


結局グーちゃんはどうなるの?
ほんと何年もたってからいまさら。。って
思っちゃうよね。たしかにさ、アレルギーなんて突然出たりするし、つらいのもわかるけど、本当にそれだけで邪魔者扱いは可哀想だよ。。

>グーはいつも皆がいる暖かい部屋にも入れてもらえなくて、ブラッシングも全くしてもらえなくて、ほんとに人懐っこいのに、邪魔者みたいでホントに可哀想なんだよ。。。

涙出た・・・
うーーまじ悲しい。
きっと寂しい思いをしているよね

旦那さんの壁のことやお金かかるってさ、
そんなにたいしたお金はかからないよね。健康な子なんだし。それに壁の傷だってきちんと対策したり、しつけたりすれば爪とぎ以外でしなくなるのに・・・

ちゃんと教えないから、爪とぎしないように貼るシートとかそういうの対策してやることやってから文句言ってよねって思わない??


あこちゃんちでグーちゃん引き取ってもらえたらあたしも嬉しい。邪魔もの扱いしているおうちにいたら、いつ手放してしまうか心配で心配で。。

ごめんね、お姉さん夫婦のことなのに、こんな風に言って。うちの弟妹も結構都合よく飼ったり手放したりなので気持ちはよくわかる・・ほんと悲しい。


>それ横で聞いたうちのママがすごい剣幕で怒っちゃってね。命を何だと思ってるだ〜!!って、家族交えて会議みたいになったのょ。。。


でもママさまが怒ってくれるような素敵な人でよかった!
でもやっぱグーちゃんかわいそう(涙
うちにキャパがあったら喜んで一時預かりするんだけど、ごめんね・・

グーちゃんの幸せを願ってるよ!
どうなったか教えてね。


★ぷちまるちゃん

小学校の近くに保健所はしんどいね・・
あたしもね、昔仲良かった子の家に行く途中で必ず保健所の前を通る道があって、犬の鳴き声が聞こえたの。

ほんとあれ悲しい声だよね・・涙
ぷちまるちゃんと同じであの泣き声はずっと忘れられない。。

>でもそういう人間に限って、悲惨な現実に目をむけないことが多いね。
そういう人にせめてこれだけは言いたい。

「生涯もう二度と飼わないでください、お願いします。」

うん。そう思う。流行とか、なんとなく飼っている人に限ってそういうこと知りたくないからブログに書くなとか、可愛いことだけ書いてくれとか言うんだよね・・


でも動物を飼うって可愛いだけじゃない。
綺麗ごとだけじゃない。そういうことちゃんとわかって欲しいから、あたしはたまにだけどこういう記事を書いていく。

そんなこと知りたくないって逃げて真実を受け止めようとしない人はここを読まなくていいよって思う。ここは、あたしのブログ。私が伝えたいことをこれからも書いていこうと思ってるよ。

だから、たまに暗い話題や悲しいことを書くかもしれない。コメントしにくいときはスルーしてOKだからね。でも、ぷちまるちゃんや、コメントをくれたみんなのように命の尊さをちゃんとわかっている人たちがいるって知って嬉しくなったよ。


>猫ごはんを調べてたら、サワラっていう魚が今が旬で、栄養豊富なんだって。
ぜんそくなどのアレルギーにもいいそうだよ。

サワラ!!今度食べてみる。

>あと、バラの香りでティーローズエレメントというのがあるんだけど(紅茶っぽい香り)、それがアレルギー性のかゆみを抑える効果があると確認されたんだって。

それいい!!バラの香りもいいしね。
さっそくコメント書き終わったら検索してくる!!情報ありがとう


Posted by まるきち:お返事 at 04:25☆07/May/2007/
★るびーさん

私も友人に教えてもらって読んだとき怒りが爆発しました。この夫婦が目の前にいたら、きっと殴ってしまいそうになったでしょう・・・

あたしも、なぜ自分の手で連れていけるかがわからない。もちろん他人に託すのも理解できないけど、自分で保健所の車に入れるなんて絶対に無理。。本当に理解できません。。


>猫ちゃんもワンちゃんも・・・大切な飼い主さんがみんな大好きで、そんな風にされるなんてこれっぽっちも思っていないのに・・・。

本当に彼らは無条件で愛してくれて、見返りのない愛をくれるんですよね。そして信じているんですよね、飼い主を。

本当に悲しい。何度読み返しても涙があふれてきます。この新聞記事を書いてくれた方にも本当感謝してます。こういう現実をマスコミで伝えてくれるのって大事だと思うから。

こういう事ってもみ消しちゃったり、マスコミは書きたがらなかったりするけど、今回書いてくれたので本当に感謝です。



>自分でできる範囲のことはやってみようとこの記事をみて思いました。

そう思うことが大事だと思います。人それぞれできることが違うし、ほんの小さいことだけしかできないかもしれない。
でもそれが沢山集まると大きな力になりますもんね!
るびーさん、ありがとう。


★がんさん

はじめまして。私が結婚しようとしている相手がこんなだったら、あたしは気持ちが冷めると思う。アレルギーは仕方がないし理解も出来る。でもたった3ヶ月で保健所に。。。それが理解できません。

しかもそれに同意した旦那・・
そして娘さんにまでつらい思いをさせた親。子供たちに命の大事さを教えるどころか、邪魔になったら処分したらいいんだって教えているのとかわりませんよね・・


★keiくん


うん。勝手だよ人間って。
keiくんの言うように人を愛することは
大事で、相手のことを考えてあげることは大事だと私も思う。

でも、その家族の大事としている(もの)、(ひと)、(どうぶつ)などが
ある場合は、それも受け入れることが本当の愛だと私は思ってるよ。keiくんの言うとおりだよ


>再婚相手と家族を比べる・・・そんな命をはかりにかけてこっちのほうが大切だとか・・・
やっぱり命の重さは同じです。
小さい体、大きい体。
姿かたちは違うかもしれない


うん。本当にそう思う。keiくんみたいにまだ学生の若い子だってこうやってわかるのに、なぜこの人たちはわからなかったんだろうって悲しくなるよ


>犬や猫など人と比べたら寿命が短い・・・
だったら寿命の長い人間たちが
いろんな活動ができる人間たちが
もっと考えて支えていかなきゃならないんじゃないかなと思います。

これ素敵ですね。
本当にそう思う。このご時世、とくに
真剣に動物について考えなくてはいけなくなってきているよね。



>いろんな命の上に立って生きてる。生きるうえで必要になってくる、食べるということ。生きるうえで仕方なく殺生を行うこともある、せめてそれだけにしてほしい。生きるうえで特に必要ない命なんかほんとに殺生するなんてやめてほしい。

うん。その通り。人間は沢山の動物たちの命の犠牲があって生きていけている。そのことに感謝することを忘れないで欲しい。
食べ物を粗末にしたり、捨てたり、そんなことの為に犠牲になっていい命なんてない。食べものとしていただくなら、きちんと残さず感謝して命をいただくべきだよね。

Posted by まるきち:お返事3 at 04:41☆07/May/2007/
★バンコク在住さん

本当に信じられないですよね・・
バンコク在住さんも同じ思いをしてるんですね・・

あたしも、簡単に引き取りたいって言ってきた人に簡単に裏切られたことがあります。だから今はすごく厳しく相手を見極めてからにしています。

>その理由が「○○(外国)へ勉強に行くから猫を連れていけない」「○○(外国)へ仕事で行くから猫を連れていけない」「子供ができて猫をかわいがってやれないから猫がかわいそう」…。

うわ。ほんとこれは怒り爆発ですよね・・
全部自分の都合。だったらきちんと自分で猫ちゃんのために幸せになれる方法を考えて里親探すとかしてよ!って思う。


>一度、相手に「そんな、わたしのことを人非人みたいに言わないでヨ!」と逆切れされたことがあります。

外国に引っ越すなら連れていけるし、仕事で外国に行く可能性があるってわかっているなら最初から買うなって思いますよね。。急にそうなってしまったなら、やっぱり責任もって里親探して!って思います。



>そのまま、うちの猫の一員になって、幸せに(たぶん)暮らしています。

きっと幸せだと思う。ごまさんも結局は居残り組なんです。貰い手がなくて。でもきっと我が家で幸せなはずだ!って思ってます(笑

>猫が増えるたびに、人間の生活水準が落ちていき、うちは、とことん猫貧乏ですが、わたしも猫に囲まれて幸せです(ただの猫バカ?)

わかりますよw 猫たちがいると旅行も出来なくなったし、傷つけられるからと高い服も買わなくなった、なんだかんだとお金かかるので自分への投資が少なくなったけど(笑 それでも私も幸せです

毎日の掃除も大変ですよねw でもそれでも一緒にいたいから、あたしも掃除はかかせませんよw

バンコク在住さんもアレルギーお大事にね。鼻水たれても、目腫れてもそれでも大事な家族なんですよねw うん。わかりますw


★温ちゃん

ひさしぶりーん。
温ちゃんもアレルギーもちなんだね。

だからこそ、余計に怒りを感じるよね。
アレルギー持っていてもどうにかできたはずってわかっているからさ。


あたしもね、この世で一番怖いのは人間だと思うよ。

>あたしも、おそろしくない男性と結婚したいと思っているので
その結果、シングルマザーになっちゃった。そして後悔は全然していない。
むしろ、やっぱり良かったと思うよ。


そっか。そうだったのかあ。
でもさ、あたしもバツイチだけど
こういう価値観は絶対に譲れない。
他のことは妥協できても命を軽く考えたりする相手とは、どんなに好きでも一緒になれないよ。動物の命を大事にできない人が子供を大事にしたりできるのか?とも
思っちゃうしね。あたしは子供いないけど、そう感じるよ。


>人間がもっと自然に対して畏怖の心を取り戻して謙虚になれたらいいのにね。。。

ほーーんとその通りだよ


★kitcatさん


>ガス室のボタンに(押さないけど)触れたことがあります。

しんどかったでしょう?
押さなくても触れるだけでもきっと
しんどいものが伝わってきますよね・・・

私も前に保健所に見学にいったことがあります。自分の目で現実を見てから訴えたかったので・・・高校のときでしたが、今でも忘れられません。


>そのときは、「作業」のない日の見学でしたが、ステンレスドアの1枚となりには、明日の命の犬たちが鳴いています。
 一生忘れない記憶です。

本当にそうですよね。
私のときも年齢を考慮して(わたしが学生だったので)当日処分の子たちには会わせてもらえなかったのですが、その後の子たちは見ました。犬も猫も。。

今でもあの子たちの顔忘れられません。
当時は見に行かなきゃよかったと後悔しましたが、すぐに見てよかったと思えるようになりました。現実を見たからこそ、動物の命を大事にと思えるようになったから。

職員さんたちのストレスもわかります。
友人のお父さんが保健所勤務でした。
引き取れる子は引き取ってきたけど、やっぱり限界もあり。。そして友人のお父さんは50歳手前で耐えられなくなり、退職しました。動物が大好きだった人だったから。

家族も反対しませんでした。収入も減るし再就職も大変だけど、それでも家族全員反対しませんでした。こういう思いをさせないためにも、簡単に動物を保健所に持ち込まないで欲しいと思います。


>保健所に犬猫を持ち込むすべての人に、この処分を見ることを義務づけたい。事前に。

ヨーロッパや他の多くの国では、飼い主の胸の中で抱かれたまま安楽死させるようです。飼い主に自分の責任だとわからせるためだそうです。

日本も行政任せではなく自分のめで見なくてはいけないようにしてほしい。自分が何をしたのか一生忘れないためにも。


>行政は、ペットショップ、ブリーダー、できれば高校生にも、現実を隠さず見せ流べきだと思っています。


本当にその通りだと思います!
日本の高校の授業でも動物愛護なんか積極的にやって欲しい。
Posted by まるきち:お返事4 at 05:01☆07/May/2007/
逃げたニャンコどうしてるだろうね・・・
雷鳴って雨ザーザーだよ。
情けないなこのオヤジ・・
お返事はいいからね・・
もうたまらないよ。。

Posted by キキしまチィ at 16:11☆10/May/2007/
☆キキしまチィちゃん


本当に逃げたニャンコは今どうしてるんだろうね・・暖かいおうちも家族もいなくなり、ご飯だって自由に食べられないだろうに・・本当に不憫。

保健所で殺されてしまったもう一匹も
考えると涙がとまらんよ・

Posted by まるきち:お返事 at 23:45☆11/May/2007/
コメントを書く
お名前: [☆必須]

メール: [☆必須☆管理人にのみ表示]

URL:

コメント: [☆必須]

認証コード: [☆必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


☆当サイトへのリンク・お気に入り登録はトップページからお願いします☆
☆当サイトの写真やアイコン、バナーなど無断使用禁止です☆ Copyright © 2003-2015 『たたかう、猫!』 All Rights Reserved.


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。