☆February/25/2008☆Monday

ごま 凶暴みー子さんが!肛門のう胞の破裂@便秘のツケ。 みー子




ひょぇぇぇー。
もう最後のエントリーから
3ヶ月近いのかっ・・・


ネット不精は治らないようです。


ミク日記に去年書いたので
登録してる人はもう読んだこと
ある内容なのでスルーしちゃってね。
やっとブログでも書く気力が出ました。



 


実は、みー子さんなのですが
何度も凶暴だと
いう話や写真ものせているので
みなさん知っていると思いますが




 

こんだけ凶暴だとなかなか
診てもらえる獣医さんがいません。

11月頃から足の付け根にシコリを
発見。普段の様子もおかしくなく
食欲もあり元気だけど、心配。


獣医さんに電話して相談に
のってもらったところ、食欲も
あり普段と変わらないのなら
ワクチンの時まで待ってから
検査でもいいのではということで
先月から待っていました。


みー子はビビリのくせして
凶暴でそうとう暴れます。
必ず肝臓や内臓の数値があがって
しまって体調も崩すので
何度も連れていくのは逆に危険なのです。




もう14歳になるし。


だからいつも気になることが
あると先生と電話で話して
決めます。


そのみー子さん。


去年から便秘がひどかったのですが
今までサプリでなんとか毎日
排泄できていました。


なのですが・・・




12月の終わり頃、、自分のお尻を気にして
ぐるぐる回っているのを発見。


噛まれて引掻かれ
私の腕や手は血まみれになり・・・


それでも諦めずに尻尾を
上げ、お尻を覗き込むと・・・




 

肛門にうんちょすが挟まって
(出きらなかった)気持ちが
悪かったみたいでぐるぐる
回っていたようです。
 

すっと尻尾を垂れ下げて
変な歩き方してるし・・・


2007.12.22mee (1).JPG




何度もトイレに行き力むのですが
出ないようで本人も気持ちが
悪いのかギャアギャア泣き・・・




シャーシャー威嚇しはじめ
パニックに。




もう私は外科行きになっても(またかよw
いいと思って、みー子を抱き上げ
ウエットティッシュで挟まった
うんちょすを引っこ抜いてやりました(笑

ここまでで無事終わったと
思っていた。


これでやっと、私も休めるって
ほっとしていたら・・・・






今度はお尻のあたりを
気が狂ったように舐め始め・・・


2007.12.22mee (3).JPG




これもまたいつもと違う光景に
焦り、またもや手ボロボロに
されながらも覗きこむと・・

もうショック・・・・


全然気がつかなかった。


体や足のシコリは毎日
触って異変がないか
調べてたんだけどさぁー


肛門付近は、見れなかった。
暴れるのがすごくて
無理だった。


というか、見なくちゃとも
思わなかった・・・


肛門の右側がピンポン球半分
くらいの大きさに腫れていて
赤くタダレていた・・・



2007.12.22mee21.JPG



そっとティッシュで触って
みるとギャーと痛がった。


ごめんね、みー子。
便秘のことばかり気にしてて
うんちょす出てる間は
問題ないって思って見もしなかった。


ごまの白血病ばかりに
気をとられて。。。
ごめんね。


時間外だったけど、すぐ
獣医さんに電話して
様子を伝えたところ
翌日まで待っても
大丈夫そうだと
いうことだったので
翌日予約をとって
1人もんもんと考えていました。





お尻の問題が何でも
なかったらワクチンできる。
でも手術や大きな病気なら
ワクチンは延期でそちらの
治療を考えなくちゃならない。




ただ先生もみー子を
知っているから言うんだけど・・




 

ここまで凶暴で小心者で
暴れる子だと通院のストレスで
内臓がおかしくなる可能性も・・





そして14歳でこの性格では
安定剤や麻酔も危ないということで
最悪治療不可。このまま
体力に任せるしかない場合もあると
頭に入れておいてくださいと
告知されました。



 

わかっていたけど・・・
やっぱり治療できないってなったら・・・




今まで、いろんな獣医さんで
何度もみー子の診療は
断られてきました。
あまりにも興奮しすぎて
手におえないから。


 

何軒も病院巡ってやっと
今の獣医さんでなんとか
1年に1回のワクチンと
感染症検査(ごまのが感染してないか
だけはしてもらえることになった。




それでもワクチン1本打つのに
普通の子なら1分かからないのに
みー子は軽く30分以上かかる。




それでも別料金もとらず
嫌な顔一つしない今の獣医さんは
ありがたい存在。


でもやっぱり治療無理かもって
想像すると、もう苦しくて。
本当に、みー子に申し訳なくて・・・
その夜は本当に苦しかった。




夜中頃には
みー子さんの腫れ物はどんどん
大きくなり・・・


結局心配で朝まで私は
眠れませんでした。




明け方、みー子さんの
腫れ物が破裂しました。




2007.12.22. (1).JPG




中から膿みのような
強烈なにおいのする
液体が出て、腫れ物が
つぶれその場所に
5cmほどの穴が
開きました。



2007.12.22mee (18).JPG



 


本人(猫)は破裂した方が
楽になったのか、汚れたところを
毛繕いして、少し
違和感を感じながらも
やっと寝てくれました。



2007.12.22mee (23).JPG




みー子が寝たのと
獣医さんが出勤するまで
1時間ほどしかなかったのを
知っていたので様子を
見ていました。


暴れる猫は洗濯ネットに
入れてから(優しくね)
キャリーにいれると
少しましになると言います。


ただ、みー子さんは
そんなものでも全然ダメで。
いつも諦めていました。


が・・・

今回は本人も痛いのか
素直にネットに入り
思ったより暴れずに
キャリーに入れることが
出来ました。



 

ただ、診察台ではかなり
暴れww 


またもやお約束のサイボーグ手袋を
(頑丈なやつなので
私が勝手にそう呼んでる)


2007.12.22mee (12).JPG


先生もアシスタントの人も
はめ、私も軍手をし
戦闘対戦に(汗


2007.12.22mee (13).JPG



ネットから出すのも
患部をしっかりみることも
困難で。。。




威嚇がすごすぎて
本人(猫)の動悸が
ひどくなり、呼吸が荒れ
このままでは危ないということで
患部をネットの上から
ちょこっと見ることしか
出来ませんでした。



 

ただ、携帯で前もって
写真をとって持っていって
いたので少し参考には
なったようです。



 

細胞を取り除いての
検査が無理だったので
そのときの段階では予測しか
出来なかったのですが。。



効果が2週間継続する
抗生物質の注射を打って
2週間後、穴がふさがり
シコリも出来ず綺麗に
閉じたなら・・・

肛門腺の腫れ。
いわゆる、肛門のう胞の破裂と
いうことで診断を受けてきました。


便秘などで肛門腺から
出る分泌液が健康な子なら
便と一緒に排泄されるのですが
便秘な子は便を出すのも
困難で肛門腺の分泌液が
うまく出せず・・




肛門腺にどんどん溜まり
しまいには破裂ということが
おきるようです。


一度破裂すると癖になることが
多く、何度も溜まり破裂と
いうことが多いので
飼い主が肛門腺を絞りだす
ことも必要になってくるようです。

ただ・・・


みーこさんのように
凶暴で手をつけられないと
飼い主が無理にやって傷つけたり
危ないので、定期的に
獣医に行って絞ってもらう事も
必要だということ。



 

ただ・・・(またかよw

みー子さんの場合は・・
獣医さんでもとうてい
出来るような子ではなく・・・

今後もたまるようなら
難しいね。。最悪の場合
また破裂しかないかもと
いう最悪のパターンも
いちおう話されました。


うちの先生は、毎回ちゃんと効果や
希望も伝えてくれると
同時にリスクや副作用も
包み隠さず話してくれます。

もちろん私からの
質問や問いかけは大事ですが。
聞けばちゃんと教えてくれるし
知らないものは調べてくれます。


その上で、飼い主に治療法の
選択などさせてくれます。


でも今回も3人ががりで抑えても暴れて
血液も抜けない状態だったし
治療が困難な場合もあるとのことで
やっぱり最悪の場合は
放置して体力に任せるということ
もあると頭に入れておいてくださいと
伝えられました。

そのときは、精密検査が出来ず
なんとも言えないけど、2週間も
すればおそらく傷が変化していくので
次のステップがわかるでしょうと
言うことでした。

抗生物質が効かずに穴が
塞がないなど2週間たっても
問題が解決されていなかったら
他の病気かもしれないとも言われました


その夜、帰宅してから
普段元気なみー子さんがおとなしい
姿をみて心配で心配でたまりませんでした。

破裂した穴は深く開き
とても痛々しいです。 膿みが
出きったので悪臭はなくなりましたが
真っ赤にただれ、ぽっかり穴あいてる・・


2007.12.22mee (16).JPG


でも、病院から帰宅した後ちゃんと
チッコもうんちょすも 出ました。
24時間ぶりでした。


ほっとした。

食欲はまだ完全では
ないらしく・・・


かにかま1本のみ。


1日1本なら、あげていいって
言ってくれたので
好きなものをあげたいって
思ってます。




お水はいっぱい飲み。


相変わらず体調悪いのに
凶暴でww


わたくし 2回も噛まれましたw

消毒液をもらったので (有料)
毎日消毒なのですが
拭いてやるのが困難なので
スプレーボトルを100均で買って来て
寝込みを襲って穴に吹きかけていました。


2007.12.22mee (15).JPG



そして2週間経過したころ、穴の
大きさは2cmほどになっていました。
先生に相談したところ、当時診断した
とおり肛門のう胞の破裂だろう、ワクチンして
いいよってOKが出たので予約をいれたのですが

何故かワクチンを予約した日、朝から
吐いてワクチン延期。体調が悪いときは
ダメですって言われました。


なんで吐くのか不安になり、でも
夜にはケロってしていたので仮病かもしれないw


次の週には無事ワクチンをしにいけました。
脚のつけ根のシコリの検査もする予定でしたが
触っただけで劇的に小さくなっているのが
わかったので、おそらくお尻のための抗生物質の
コンベニアがこちらにも効いたのではと・・


たぶん、ウィルス性の出来物。小さくなったので
問題ないとのこと。前に心配していた目の
まわりの赤身やタダレもコンベニアのおかげか
すっかり治っていました。


凶暴猫は病気になると大変です。

(猫パンチ飛んできたので慌てて逃げながらの撮影のため
ぶれています。お許しをw)


2007.08.25 (7).JPG



凶暴だけではなく、小心者で
神経質なので普通の凶暴猫のように
押さえ込んでの治療も無理。

14歳という高齢もあるから・・・

みー子さんも健康管理
頑張らなくちゃね。




1ヶ月ちょっとすぎた1月終わり頃
みー子さんのお尻の破裂した穴は
すっかり塞がりました。


便秘対策ももっと頑張ります。
しばらくやめていたビオフェルミン
慌てて買ってきました。


2007.12.22mee (21).JPG





ビオフェルミンは無味無臭(っぽい?)ので
カリカリにまぶしてもそのまま食べてくれます。



2007.12.22mee (22).JPG




今は、こんなに元気です。



2007.12.25 (92).JPG



ごまは月に一度の痛み止めの
注射が欠かせなくなってきました。
(キャリーの中でふてくされてます)



2007.09.10 (1).JPG


アガリクスが切れていたのに
気がつきませんでした。こちらも
慌ててハッチーさんにお願いしました。


ハッチーさんのアガリクス.JPG


アガリクスなくなるとダメだ!
ちゃんと在庫管理しなくちゃね。





プロポリスも追加注文しました。

2008.2.22.JPG



サンクロンももちろん愛用中です。

長文読んでくれてありがとうございました。



猫みー子:肛門のう胞破裂時の診察代

診察料  500円
抗生物質注射(コンベニア) 3200円
消毒液  300円
合計 4000円



猫ごま:口内炎治療

診察料  500円
ステロイド注射 2100円
合計 2600円



猫2週間後 みー子 ワクチン時治療費

診察代  なし
4種ワクチン  7500円
合計 7500円


ごまの飲み薬(ビムロン・粉末インターフェロン)
1か月分 1500円
合計 1500円 治療なし・お薬のみ







野良猫にも幸せになれる権利がある。応援よろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ


スマホ・携帯はこちらから応援 よろしくお願いします
猫ブログ 元野良猫・元保護猫




我が家で愛用している(していた)サプリや薬の詳しい情報は
カテゴリーのねこサプリカテゴリーにあります


☆☆ご注意ねがいます!☆☆

猫さんの体調・体質によって合う合わない、摂取容量が変わこともあります!
獣医さんに相談したり、使っている事を知らせておくなどしておくことをお勧めします。
記事内などで重要な注意などを書いてある場合もあります。
ごまに合ったからといって100%すべての猫さんに合うとは限りません。ご注意ください。


posted by まるきち at 22:44 | シアトル ☀ | 応援(11) | 絆(0) | ねこ、便秘と肛門のう胞破裂する。

top_07.gif



☆当サイトへのリンク・お気に入り登録はトップページからお願いします☆
☆当サイトの写真やアイコン、バナーなど無断使用禁止です☆ Copyright © 2003-2015 『たたかう、猫!』 All Rights Reserved.